不動産屋のキャンペーンに注目

不動産屋のキャンペーンに注目


不動産屋のキャンペーンに注目
"高校を卒業していざ一人暮らしを始めようとする時、多くの人が賃貸物件を選ぶことでしょう。
どんなに学業がメインであっても、賃貸物件選びには決して妥協することなく足も使って探していきましょう。同様の賃貸物件を複数の不動産で管理をしているケースがあり、不動産会社によりまして特典が付くことがあります。
この際には不動産屋が実施をしているイベントやキャンペーンなどに注目をして物件選びをしていきましょう。

比較的部屋探しをしている人が多くなっている2〜3月というのは探している間に賃貸物件が契約されてしまうことがあります。
この時期に物件探しをしていて、少しでも理想に近い物件が見つかったらすぐにでも契約をしてしまう方が良いでしょう。
部屋探しに大切となる家賃の目安と、住むエリアを決めたら不動産でとにかく賃貸物件を探していくようにしましょう。
途中で音を上げることなく、片っ端から探していくことで、理想的な物件と出会う確率が高くなります。"



不動産屋のキャンペーンに注目ブログ:2018-07-10

俺には涙が出て仕方がなかった卒業式があります。
それは、ムスコの中学校の卒業式なんですが、
きっかけは一枚の写真でした。

一人一人名前を呼ばれ
ステージに上がるムスコやその友達。
よく知る顔もあれば、
あまり馴染みのない顔ももちろんあります。
でも、この三年間で間違いなく大きく成長した息子たち。

本当ならそこにあるはずの、ある元気な顔が、
同級生の胸に写真となって抱かれていました。

その写真の主は、幼い頃からよく知る、
ムスコの幼馴染。

保育所から一緒に過ごしてきたので、
本当に幼い頃から俺もよく知っているのです。
その笑顔を見た途端、涙が止まらなくなってしまいました。

彼は急な心臓の病気の悪化で亡くなったのですが、
ムスコとはとても仲がよかったのです。

今もムスコの部屋には、彼の写真が貼られていますが、
ムスコにとっては本当に大切な友達だったらしく、
転居の際に何よりも早くこの写真の場所を決めていました。
やんちゃそうな優しい笑顔が、今もムスコと一緒にいます。

小さい頃から道で会うと礼儀正しく挨拶をしてくれる彼の、
元気なときの姿を覚えているのは俺だけではなく、
保育所時代から彼のことを知っている母たちは皆泣いていました。

俺の涙が止まらなくなったのは、
彼にまつわるイベントを
いくつか思い出してしまったからなのですが…

実は俺は彼の葬儀に行けなかったのです。
ムスコは通夜にも参列し、棺の中の友達の顔を見て、
揺すり起こしたら起きてきそうな気がした…
と悔しげに話してくれました。

その頃俺は家で泣きじゃくり、
見る影もないほど目を腫らしていたんですが…

行けなかった理由は
その数年前、彼の母を同じ式場で見送ったからなんです。

不動産屋のキャンペーンに注目

不動産屋のキャンペーンに注目

★メニュー

大手不動産屋が良いとは限らない
おとり広告に注意をして賃貸探し
賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分
予め賃貸の条件を決めておきましょう
年間を通じて家賃が同じとは限らない
敷金と礼金について知っておこう
不動産屋のキャンペーンに注目
部屋探しを始めるタイミング
情報誌の罠に注意しよう
インターネットで賃貸の情報収集


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)他に取られてしまう前に賃貸GET