予め賃貸の条件を決めておきましょう

"そもそも賃貸物件というのは、何度も引っ越しを繰り返しているような飽きっぽい人にピッタリの物件となります。
分譲物件を購入し、自分の財産にするのも一つの理想と言えますが、慌てて購入する前に賃貸を利用するのが大変便利です。あまりに物件の条件にこだわりを持ってしまうと、 その条件に合う物件数がかなり少なくなってきてしまいます。
例えばお風呂とトイレは別々という条件を変更して、ユニットに妥協することで、かなりの数の物件数に広がります。

 

実際に物件探しを開始剃る前には、譲ることの出来る条件や絶対に譲れない条件を明確にしておくことでスムーズに物件探しをすることが出来ます。
不動産屋に出向くことで、担当者が貴方の条件を元にして物件を紹介してくれますので、スムーズな物件探しをすることが出来るのです。
全てが好条件で理想を挙げればキリが無くなってしまい、 なかなかイメージした物件に出会うことが出来ません。
あまりにも条件ばかりに気を取られてしまうと、家賃はどんどんと割高になっていきますので、妥協できる条件はしっかりと決めておきましょう。"



予め賃貸の条件を決めておきましょうブログ:2018-06-13

わしは現在朝方食を食べていますが、
食べるものや食べ方を間違えて、
かえって太ってしまったことが過去にあります。

おそらくネットやテレビなどからの情報で
「ダイエットのためには朝方食は必ずとるべき」
と考えてのことだったと思います。

かなり長い間朝方食を食べる習慣が無かったので、
とりあえずは食べやすいものを…と、
ブラックコーヒーに小さな菓子パンを食べていたのですが、
あっという間に体重は1KGほど増えました。

今考えると
お昼・夕方食や運動の内容は変わらずに、
菓子パン分が連日の食生活に加えられたわけですから
太るのは当然なのですが…

これもどこかで聞いた
「朝方は代謝が高いから甘いものでも大丈夫」
という情報を鵜呑みにしていたのと、
その時は朝方食をとることだけにとらわれていたのが
失敗の原因です。

お昼とよるの2食だった人が、
朝方食をとるようになっても
お昼・よるの食べる事量やメニューが
まったく変わらないのであれば、
単にカロリーオーバーになってしまい、太るのは当然ですよね。

結局、人それぞれの生活に応じて、
決定するのが最善ではないでしょうか。

例えば
朝方食をとることで便秘が改善されたとか、
よる遅くにたくさん食べることが減ったとかの効果があれば
朝方食をとったがほうが良いでしょうし…

朝方食を抜いたとしても仕事の能率も悪くなく、
お昼前にお腹が減らないのであれば、
まったく問題は無いと思います。

たとえ朝方食を習慣にしていても、
たまたま前日の遅い時間にライスを食べたなどの理由で、
翌朝方に食欲が無い場合は、無理して食べる必要はないと思います。

その後の食べる事の量が守られていれば、
朝方食を抜いて調整することも効果的な場合もあります。


このページの先頭へ戻る